結婚祝いのマナー|贈る相手に喜んでもらえる結婚祝いを選ぼう!

結婚祝いのマナー

結婚

必要なマナー

結婚祝いを贈るときに、きちんとマナーを押さえておかないと相手に気持ちを伝えるどころか、かえって不愉快な気持ちにさせてしまうことになります。ですから、結婚式に参加する前にしっかりとマナーについて学んでおきましょう。

贈る時期

結婚祝いでの基本的なマナーとして、贈る時期が一つとして挙げられます。結婚祝いは招待状を頂いてから、結婚式の一週間前までに贈ることが正しいマナーです。一方、披露宴に招待されていない場合に結婚祝いを贈るときでも同様の結婚式の一週間前が原則です。

贈り物の選び方

結婚祝いは結婚する2人に喜んでもらえる品を贈ることがマナーです。もちろん、個人的におすすめするギフトを選ぶのもいいですが、結婚する2人の趣味に合わない場合には、不満を感じさせるしまうことになってしまいます。ですから、ギフトを選ぶときは個人的な趣味で選ばず、結婚する2人に喜んでもらえるようなギフトを選ぶように心掛けましょう。

現金の場合

結婚祝いとして現金を贈る場合には紅白、または金銀結び切りの水引のついたのし袋を用意しておきましょう。また、マナーとしては、のし袋が表書きだった場合には「寿」、「御祝」と書き、風呂敷に包んで結婚式に持参することがベストとされています。

関係性によって変わるご祝儀

結婚するカップルとご自身との関係性によってご祝儀の金額の相場は変わってきます。一般的に、年に5回以上に会う友人などの結婚祝いは3万円ほど、年に会う回数が2回未満の友人は2万円ほど、ご自身が働いている職場の同僚・上司は2万円ほどと言われています。

結婚祝いに最適な縁起がいいアイテム

no.1

鶴亀

日本のことわざに「鶴は千年、亀は万年」というものがあります。この鶴亀をモチーフとしたアイテムは結婚祝いにおいて、「末永く」「仲良く」などの意味で縁起がいい贈り物と言われているので、結婚祝いとしては、最適です。

no.2

おしどり

おしどりはカモの仲間で、つがいで行動することが特徴的です。この習性から、日本でも仲のいい夫婦の象徴とされていて、おしどりをモチーフとした結婚祝いは縁起がいいと人気があります。

no.3

フクロウ

フクロウには、苦労がない、福が来るなどの当て字が存在しています。そのため、フクロウをモチーフとした、結婚祝いは縁起がいいとされています。また、フクロウは将来的に福を感じさせるものがあるため、新しい門出である、結婚生活にはピッタリでしょう。

広告募集中